沿革

FYHの歩み – History of FYH

昭和 21年
「小林鉄工所」創業。
昭和 25年
「小林精工株式会社」に社名変更。ピローブロックの生産に着手。
昭和 28年
転がり軸受ユニット(ピローブロック)製造、同販売開始。
昭和 32年
「日本ピローブロック製造株式会社」に社名変更。
昭和 41年
日本工業規格表示工場の許可取得。通産大臣より輸出貢献企業認定を受ける。
昭和 42年
大阪府南河内郡美原町(現・堺市美原区)に美原工場(現・本社工場)を開設。
昭和 44年
販売部門を分離。「日本ピローブロック販売株式会社」設立。
昭和 57年
米国現地法人「FYH BEARING UNITS USA INC.」設立。
昭和 58年
セラミックボール軸受の研究・開発開始。光洋精工㈱とピローブロックの製造及び販売に関し業務提携。
昭和 63年
和歌山工場完成。操業開始。
平成 4年
中国現地法人「秦皇島恩彼碧軸承有限公司」設立。
平成 5 年
秦皇島恩彼碧軸承有限公司の本社工場が開設し、軸受箱の製造を開始。
平成 12年
日本ピローブロック製造(株)(現・当社)ISO9002 の認証取得。
平成 13年
秦皇島恩彼碧軸承有限公司にてベアリング製造開始。
平成 15年
ISO9001 の認証取得。
平成 16年
「日本ピローブロック製造株式会社」と「日本ピローブロック販売株式会社」が合併し、「日本ピローブロック株式会社」が発足。
平成 17年
本社を大阪府南河内郡美原町(現・堺市美原区)に移転。
平成 21年
ISO14001 の認証取得(本社・和歌山工場)。
平成 22年
秦皇島恩彼碧軸承有限公司が ISO9001 の認証を取得。
平成 24 年
ボールベアリングに加えて自動調心ころベアリングユニットの生産を開始
平成 27 年
秦皇島恩彼碧軸承有限公司の新工場を設立和歌山工場の設備を新工場の操業に伴い移転
平成 29 年
「FYH株式会社」に社名を変更

品質方針

顧客の要求と期待に応える製品とサービスを提供し、社会に貢献する。

私たちは、製品の信頼性と納期の厳守、低コストによる製品の提供を出来るよう、社員一人ひとりが問題意識を持ち、自らの責任や役割を認識しながら、全ての経営資源を効果的に活用した継続的改善活動を展開していきます。

 ISO9001 認証

環境方針

FYH株式会社は、転がり軸受ユニットメーカーとして培ったノウハウを活かし、人と地球にやさしい技術の追求を行い、環境と調和した循環型社会を目指します。

 FYH株式会社は、以下の基本方針に基づいて、環境改善活動を推進します。
 (1)当社は、次の汚染予防活動に努め、継続的改善を推進します。
   ①産業廃棄物の分別を徹底し、再資源化を推進します。
   ②生産の効率化に努め、水、電気、燃料などの省エネ化を推進します。
   ③環境負荷に配慮した製品の設計、開発および購買を推進します。
 (2)環境関連の法規制および協定などの要求事項を順守し、地域の声に
    応えるよう努めます。
 (3)当社の事業活動が環境に与える影響を的確にとらえ、環境目的・目標
    および実行計画を策定して、実施するとともに、環境内部監査を実施し、
    環境保全活動の品質維持と改善に取り組みます。
 (4)環境方針は、ポスター、環境方針カード、社内広報活動などを通じて、
    社員一人ひとりの環境意識の啓発に努め、社外に対しても公表します。

本社和歌山工場認証取得 ISO14001 認証